札幌映画サークルの札 幌 映 画 サ ー ク ル の H P に よ う こ そ ! ! (2017年8月改訂)を公開しています

札幌映画サークルのトップ >> ご挨拶及び団体概要
ご挨拶及び団体概要
札 幌 映 画 サ ー ク ル の H P に よ う こ そ ! ! (2017年8月改訂)
私たち札幌映画サークル(SCC)は、1963年に生まれた非営利の映画鑑賞団体です。
会員は、14歳から87歳まで幅広い約160人。ここ2、3年で会員層が広がり、入会者も増えています。

年に少なくとも6回は上映会を主催します。

“日本映画名作祭”や洋画の“シネマ・クラシックス”は、「題名だけ知っている」、「もう一度、大スクリーンで観たい」名画を鑑賞するチャンス!

イベントにもチカラを入れています。
2013年の創立50周年にはスタジオジブリ製作『かぐや姫の物語』などの高畑勲監督をお招きして盛り上がり、2016年には、金子修介監督・女優の中山忍さんが来札し、boid監修の“爆音上映 平成ガメラ3部作 轟音MAX総攻撃”を開催し、全国で話題になりました。

また、活動弁士の麻生八咫さんらが『滝の白糸』、『御誂治郎吉格子』などの名作無声映画へ命を吹き込み、劇場は盛り上がりました。

全国で話題になったにも関わらず、道内の映画館で公開されなかった作品を上映する“クチコミ劇場”。
新鋭気鋭の若手監督たちを迎え、微力ながらもこれからの日本映画を応援する企画も開催しています。

そして、毎年12月〜翌年1月にかけて、札幌市内、及び、近郊都市で公開された作品の“ベスト10”を会員だけではなく、一般の観客の投票を募って決定しています。

映画を愛する方なら、老若男女を問わずに誰でも入会することが出来ます。



【団体概要】 札幌映画サークル
   代表 岡村雄二

住所 〒060-0806 札幌市北区北6条西6丁目第1山崎ビル1F

電話 011-747-7314 (Faxも)

e-mail→ sapporocinema@yahoo.co.jp
札幌映画サークルのトップに戻る