札幌映画サークルのフォトアルバムを公開しています

札幌映画サークルのトップ >> フォトアルバム >> フォトアルバムの一覧
フォトアルバム
2018年8月公開日本映画作品リスト
2018.08.01
【日本映画公開作品リスト】

  (8/01〜)
◇ 『センセイ君主』
【UCS=SCF=AC江別=AC小樽=AC旭川=DC旭川=DC苫小牧】

◇ 『青夏 Ao-Natsu きみに恋した30日』
【UCS=SCF=AC江別=AC旭川=DC旭川=DC苫小牧】

◆ 『名探偵コナン ゼロの執行人』(2018)
【DC札劇】<8/04:応援執行上映>

  (8/03〜)
◇ 『僕のヒーローアカデミア THE MOVIE 2人の英雄(ヒーロー)』
【UCS=SCF=AC江別=AC小樽=AC旭川=CP旭川=DC苫小牧】

  (8/04〜)
◇ 『K SEVEN STORIES Episode 2 SIDE:BLUE 天狼の如く』
【UCS】

◇ 『劇場版 仮面ライダービルド Be The One(ビー・ザ・ワン)』
/ ◇ 『快盗戦隊ルパンレンジャー VS 警察戦隊パトレンジャー en film(アンフィルム)』
【UCS=SCF=AC江別=AC小樽=AC旭川=CP旭川=DC旭川=DC苫小牧】

◇ 『詩季織々(しきおりおり)』 [「陽だまりの朝食」/「小さなファッションショー」/「上海恋」]
【DC札劇】

◇ 『恐竜の詩』
【DC札劇】

◇ 『カメラを止めるな!』
【KINO=DC札劇(8/10〜)】

◆ 『1999年の夏休み』(1988)
【DC札劇】

◆ 『ああ栄冠は君に輝く』(2018)
【トーラス】

  (8/08)
◆ 『KING OF PRISM PRIDE the HERO』(2017) [黒川冷生誕応援上映]
【DC札劇】
* 1 time only

  (8/11〜)
◇ 『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』
【DC札劇】

◆ 『シネマ歌舞伎 大江戸りびんぐでっど』(2009) [月イチ歌舞伎]
【SCF】

◆ 『クジラの島の忘れもの』(2018)
【大黒座】

  (8/17〜)
◇ 『銀魂2 掟は破るためにこそある』
【UCS=SCF=AC江別=AC小樽=AC旭川=CP旭川=DC旭川=DC苫小牧=DC室蘭=ソラシネマ】

◇ 『ペンギン・ハイウェイ』
【SCF=AC江別=AC旭川】

◆ 『劇場版 コード・ブルー ドクターヘリ緊急救命 4DX2D』
【UCS=CP旭川】

  (8/18〜)
◇ 『劇場版 七つの大罪 天空の囚われ人』
【SCF=DC旭川=DC苫小牧】

  (8/20)
◆ 『人生フルーツ』(2016) [月1上映 第14回]
【KINO】
* 1 time only

  (8/22)
◆ 『ゲキXシネTIME 乱鶯(みだれうぐいす)』(2017)
【SCF】
* 1 time only

  (8/24〜)
◇ 『検察側の罪人』
【UCS=SCF=AC江別=AC小樽=AC旭川=CP旭川=DC旭川=DC苫小牧=DC室蘭】

◇ 『ポノック短編劇場 ちいさな英雄 カニとタマゴと透明人間』 [「サムライエッグ」/「カニーニとカニーノ」/「透明人間」]
【SCF】

◇ 『テニスの王子様 BEST GAMES!! 手塚 vs 跡部』
【SCF】

◇ 『映画 ドライブヘッド トミカハイパーレスキュー機動救急警察』
【DC札劇=AC江別=AC旭川】

◆ 『HiGH & LOW THE MOVIE 4DX2D』(2016)
【UCS=CP旭川】

  (8/25〜)
◇ 『劇場版 のんのんびより ばけーしょん』
【SCF】

◇ 『返還交渉人 いつか、沖縄を取り戻す』
【KINO】

◇ 『菊とギロチン』
【KINO】

◆ 『米軍(アメリカ)が最も恐れた男、その名はカメジロー』(2017)
【KINO】

  (8/26〜)
◆ 『万引き家族』(2018)(PG12)
【大黒座】

  (8/31〜)
◇ 『SUNNY 強い気持ち・強い愛』(PG12)
【UCS=SCF=AC江別=AC小樽=AC旭川=CP旭川=DC苫小牧】



...to be continued



【公開劇場名略称一覧】
DC札劇・・・ディノスシネマズ札幌劇場(6 screens)
KINO・・・シアターキノ(2 screens)
PLAZA・・・札幌プラザ2・5(1 screen/3D:Dolby/旧東宝プラザ)
SCF・・・札幌シネマフロンティア(12 screens/3D:Sony Digital Cinema)
UCS・・・ユナイテッド・シネマ札幌(11 screens/3D:RealD、IMAX、4DX)
AC旭川・・・イオンシネマ旭川駅前(8 screens/3D:RealD)
AC江別・・・イオンシネマ江別(8 screens/3D:RealD)
AC小樽・・・イオンシネマ小樽(7 screens/3D:RealD)
CP旭川・・・シネプレックス旭川(7 screens/3D:RealD、4DX)
DC旭川・・・ディノスシネマズ旭川(7 screens/3D:MasterImage)
DC苫小牧・・・ディノスシネマズ苫小牧(7 screens/3D:XpanD、Nestri)
DC室蘭・・・ディノスシネマズ室蘭(4 screens/3D:XpanD)
ソラシネマ・・・ソラシネマちとせ(3 screens/3D:MasterImage)
トーラス・・・シネマ・トーラス(苫小牧)(1 screen)
大黒座・・・大黒座(浦河)(1 screen)

【映画倫理委員会によって区分された鑑賞者の年齢制限】
“G”・・・General(一般→表示なし) 年齢に制限なく、誰でも鑑賞出来る作品(劇場によっては、“G”であっても3歳未満の入場制限を設けている場合あり)
“PG12”・・・Parental Guidance 小学生には助言・指導が必要な作品
“R15+”・・・Restricted 15歳以上の方が鑑賞出来る作品
“R18+”・・・Restricted 18歳以上の方が鑑賞出来る作品

◇・・・初上映作品
◆・・・ムーブオーバー(MO)/旧作

年号表記・・・旧作(初公開年を表記)→特集上映、若しくはそれに準じる作品のみ掲載します

* ODS(映画以外のデジタル・コンテンツは、“ODS作品リスト”をご覧ください

* 映画館以外の会場でイベント上映された作品は掲載していません

写真数 [ 15点 ]
2018/08/01〜

◇ 『センセイ君主』
【UCS=SCF=AC江別=AC小樽=AC旭川=DC旭川=DC苫小牧】

(C) 2018 「センセイ君主」製作委員会
2018/08/01〜

◇ 『青夏 Ao-Natsu きみに恋した30日』
【UCS=SCF=AC江別=AC旭川=DC旭川=DC苫小牧】

(C) 2018映画「青夏」製作委員会
2018/08/01〜

◆ 『名探偵コナン ゼロの執行人』(2018)
【DC札劇】<8/04:応援執行上映>

(C) 2018 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会
2018/08/03〜

◇ 『僕のヒーローアカデミア THE MOVIE 2人の英雄(ヒーロー)』
【UCS=SCF=AC江別=AC小樽=AC旭川=CP旭川=DC苫小牧】

(C) 2018「僕のヒーローアカデミアTHE MOVIE」製作委員会
2018/08/04〜

◇ 『K SEVEN STORIES Episode 2 SIDE:BLUE 天狼の如く』
【UCS】

(C) GoRA・GoHands / k-7project
2018/08/04〜

◇ 『劇場版 仮面ライダービルド Be The One(ビー・ザ・ワン)』
/ ◇ 『快盗戦隊ルパンレンジャー VS 警察戦隊パトレンジャー en film(アンフィルム)』
【UCS=SCF=AC江別=AC小樽=AC旭川=CP旭川=DC旭川=DC苫小牧】

(C) 劇場版「ビルド・ルパパト」製作委員会
2018/08/04〜

◇ 『詩季織々(しきおりおり)』 [「陽だまりの朝食」/「小さなファッションショー」/「上海恋」]
【DC札劇】

(C) 「詩季織々」フィルムパートナーズ
2018/08/04〜

◇ 『恐竜の詩』
【DC札劇】

(C) 2018 映画『恐竜の詩』製作委員会
2018/08/04〜

◇ 『カメラを止めるな!』
【KINO=DC札劇(8/10〜)】

(C) ENBUゼミナール
2018/08/04〜

◆ 『1999年の夏休み』(1988)
【DC札劇】

(C) 1988 日活/アニプレックス
2018/08/04〜

◆ 『ああ栄冠は君に輝く』(2018)
【トーラス】

(c) Takionjapan 2018
2018/08/08

◆ 『KING OF PRISM PRIDE the HERO』(2017) [黒川冷生誕応援上映]
【DC札劇】 * 1 time only

(C) T-ARTS / syn Sophia/エイベックス・ピクチャーズ/タツノコプロ/キングオブプリズム PH 製作委員会
2018/08/11〜

◇ 『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』
【DC札劇】

(C) 2017「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」製作委員会
2018/08/11〜

◆ 『シネマ歌舞伎 大江戸りびんぐでっど』(2009) [月イチ歌舞伎]
【SCF】
2018/08/11〜

◆ 『クジラの島の忘れもの』(2018)
【大黒座】

(C) クジラの島の忘れもの製作委員会
前の記事を見る次の記事を見る
札幌映画サークルのトップに戻る