札幌映画サークルの活動報告を公開しています

札幌映画サークルのトップ >> 活動報告 >> 活動報告の詳細
活動報告の詳細
2019/09/14 『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』上映会&講演会と対談を開催します。 (ver. 1)
2019.07.17
*

























(C) 2018「こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話」製作委員会



<< 各プレイガイド(道新/教文/さっぽろ創世スクエアチケットセンター)、チケットぴあ(Pコード:550187)で発売中! >>



2019年9月14日(土)、札幌映画サークルは、車いす人生を駆け抜けた男の笑いと涙の感動実話を描いた『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』(2018)の上映会&講演会と対談を開催します。


上 映 日 程
(C) 2018「こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話」製作委員会



『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』


【上映日】
2019年9月14日(土)
     * 講演・対談は映画鑑賞券の半券の提示が必要です

【会場】
  札幌プラザ2・5 2階ホール
     (札幌市中央区狸小路5丁目/Tel: 011-231-3388)

【上映・開演時間】 開場10:30(各回15分前) 自由席

1)10:30〜12:30 映画上映(1回目)

*)12:35〜13:00 講演“映画の中の障害者は今日も時代の先頭に立つ” <二通諭さん>

2)14:00〜16:00 映画上映(2回目)

*)16:15〜17:30 対談“映画で何を表現するのか__こんな時代だからこそ” <前田哲監督と二通諭さん>



【鑑賞料金】
映画サークル・全障研会員: 1,100円
一般前売り: 1,300(当日 1,500)円
シニア: 1,300円(当日共)
学生・障害者・こども: 800円(当日共)


市内プレイガイド(道新/教文/さっぽろ創世スクエアチケットセンター)、チケットぴあ(Pコード:550187)で発売中!


【主催】
映画鑑賞団体全国連絡会議、札幌映画サークル

【共催】
全国障害者問題研究会北海道支部

【後援】
札幌市、札幌フィルムコミッション

【お問い合わせ】
011-747-7314  (札幌映画サークル…留守電対応)
090-7055-0074 (岩本)
sapporocinema@yahoo.co.jp (Eメール)

* 当日のお支払いで便利なメール・電話予約をご利用ください
(お名前・チケットの券種・枚数をお知らせください!)

作品紹介 『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』
(C) 2018「こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話」製作委員会



『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』


2018年/日本映画/カラー/ビスタサイズ/120分/DCP


監督・・・前田哲/脚本・・・橋本裕志/原作・・・渡辺一死(「こんな夜更けにバナナかよ 筋ジス・鹿野靖明とボランティアたち」[文春文庫・刊])/音楽・・・富貴晴美/撮影・・・藤澤順一/製作・・・『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』製作委員会/製作幹事・・・松竹・日本テレビ/配給・・・松竹


出演・・・大泉洋(鹿野靖明)、高畑充希(安堂美咲)、三浦春馬(田中久)、萩原聖人(高村大助)、渡辺真紀子(前木貴子)、他



“あなたと過ごした日々は宝物でした___”


“体は不自由、心は自由!
     車いす人生を駆け抜けた男の
           笑いと涙の感動実話”



彼に出会って、みんなの人生も輝きはじめる

札幌の医学生・田中はボランティアとして、身体が不自由な鹿野と知り合う。
筋肉が徐々に衰える難病・筋ジストロフィーを12歳の時に発症した鹿野は、いつも王様のようなワガママぶりで周囲を振り回してばかりいたが、どこか憎めない愛される存在だった。
ある日、新人ボランティアの美咲に恋心を抱いた鹿野は、ラブレターの代筆を田中に依頼する。
しかし、実は美咲は田中と付き合っていて・・・・・・。


【封切り日: 2018年12月28日/札幌公開 同日 @UCS=SCF】

* 2018年札幌映画サークル Best 10 Cinemas in Sapporo 2018 日本映画部門第6位
来札ゲスト 前田哲監督
映画監督 前田哲さん

撮影所で大道具のバイトから、セット付き、美術助手を経た後、フリーの助監督として伊丹十三、滝田洋二郎、崔洋一、阪本順治、松岡錠司、周防正行監督らの作品に携わる。
1998年に相米慎二監督のもと、CMから生まれたオムニバス映画『ポッキー坂 恋物語 かわいいひと』で劇場映画デビュー。

主な映画作品__
『パコダテ人』(2002)、『ブタがいた教室』(2008)、『猿ロック』(2009)、『極道めし』(2011)、『王様とボク』(2012)、『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』(2018)、初のドキュメンタリー映画『ぼくの好きな先生』(2019)、など

講師紹介 二通諭さん
*









札幌学院大学名誉教授 二通諭さん

1951年2月6日 札幌郡手稲町(現・札幌市手稲区)生まれ。
北海道教育大学札幌分校で学び、小中6校の教員(35年間)を経て、2019年3月まで札幌学院大学人文学部人間科学科教授(専門:特別支援教育)。
2011年6月より札幌学院大学において、発達障害や精神的な困難を抱える学生の自助グループ“雑談会”を立ち上げる。
2019年4月より札幌学院大学名誉教授。

映画関連書籍__
「映画で学ぶ特別支援教育」(2011)、「特別支援教育時代の光り輝く映画たち」(2015)
* 共に、全国障害者問題研究会出版部・刊

*






















(C) 2018「こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話」製作委員会

次の記事を見る
札幌映画サークルのトップに戻る