札幌映画サークルの活動報告を公開しています

札幌映画サークルのトップ >> 活動報告 >> 活動報告の詳細
活動報告の詳細
『丹下左膳餘話 百萬兩の壺』上映会を開催します。 (ver. 1)
2020.12.27
*

























<< 新型コロナウイルスの感染予防対策を実施する上映会です。座席数の制限やお客様へのマスク着用や手指の消毒等のお願いをする上映会になりますが、状況をご理解の上、ご来場していただくことをお願いします。 >>



----------------------------------------------------



2021年02月06日(土)、札幌映画サークルは2021年最初の上映会として、“戦前日活黄金篇”を代表する傑作時代劇『丹下左膳餘話 百萬兩の壺(たんげさぜんよわ ひゃくまんりょうのつぼ』(1935)の上映会を開催します。


今回の会場(札幌エルプラザ3階ホル)の定員は320席ですが、定員の“50%”_160席に限定して、上映会を開催します。

プレイガイドでの前売り券の発売や当日券もご用意する予定ですが、確実に鑑賞出来ますように、事前のメールや電話でのご予約をお勧めします(料金は、上映会当日のお支払い)。


新型コロナウイルス感染予防対策を取らせていただきます。

ホール内は換気に注意し、受付に消毒液を用意します。
入場時に体温測定をさせていただきます。
座席数の制限や、お客様のマスク着用や手指の消毒等、さまざまなお願いを下記に掲載していますので、よくお読みになってご理解の上、ご来場くださるようお願いします。


上 映 日 程 & 鑑 賞 料 金
【上映日】
  2021年02月06日(土)

【会場】
  札幌エルプラザホール

  <札幌市北区北8条西3丁目 札幌市男女共同参画センター3階>

【上映時間】 開場11:30(各回30分前) 自由席 <但し、各席に間隔を設けます・・・限定定員160名/2回上映>

  1) 12:00〜13:30
  2) 14:00〜15:30

【鑑賞料金】
  前売 1,000円(一律)
    <各プレイガイド/札幌映画サークルでの予約>

  当日 1,100円(満席の場合、当日券の発売はありません)

  発売PG: 道新/札幌市民交流プラザ/教文
    ⇒前売り券は“鑑賞時間を指定したチケット”です!

* 札幌映画サークル会員 無料



【主催】
  札幌映画サークル

【後援】
  札幌市

【お問い合わせ/電話予約】
  090-7055-0074 (岩本)
  sapporocinema@yahoo.co.jp (Eメール)


* メール・電話予約をご利用ください
(お名前・鑑賞時間・枚数をお知らせください!)

* ホール内は換気に注意し、受付に消毒液・サーモメーターを用意します。鑑賞に当たっては、マスクをご持参のうえ、着用してくださるようお願いします。

『 丹 下 左 膳 餘 話  百 萬 兩 の 壺 』
*








『丹下左膳餘話 百萬兩の壺』


1935年/日本映画/モノクロ/スタンダード/92分/DVD上映

【日本公開:1935/06/15】


“厳寒なれど、今宵はキネマに いざ酔わん。”


監督・・・山中貞雄/脚本・・・三村伸太郎/製作・・・日活京都撮影所/音楽・・・西悟朗/主題歌・・・東海林太郎「♪丹下左膳の唄」/撮影・・・安本淳/編集・・・福田利三郎/配給・・・日活

出演・・・大河内傳次郎(丹下左膳)、喜代三(お藤)、宗春太郎(ちょび安)、山本礼三郎(與吉)、高勢実乗(茂十)、鳥羽陽之助(当八)、花井蘭子(萩乃)、深水藤子(お久)、阪東勝太郎(柳生対馬守)、磯川勝彦(峰丹波)、鬼頭善一郎(高大之進)、清川荘司(七兵衛)、高松文麿(おしゃかの文吉)、伊村利江子・達美心子(矢場の女)、沢村国太郎(柳生源三郎)、他


大河内傳次郎主演で一連の“丹下左膳シリーズ”を連発していた伊藤大輔監督に替わり(日活を退社したため)、監督を任された山中貞雄監督は、伊藤大輔監督作品の“丹下左膳”をパロディ化しました。

スティーヴン・ ロバーツ監督のアメリカ映画『歓呼の涯/Lady and Gent』(1932)をベースに、モダンな明るい作風を目指し、お藤役に歌手の喜代三を登用、屑屋役の高勢実乗、鳥羽陽之助コンビでコミカルさを加えるなど独自の演出を施すほか、伊藤大輔監督作品における虚無的な左膳のイメージを廃して、根っからの好人物に変え、大河内傳次郎の喜劇俳優の才能を見事に引きだしています。


* キネマ旬報社 創刊90周年(1919年創刊)記念
“日本映画・外国映画オールタイム・ベスト・テン”』・・・日本映画部門 第7位
(2009年発表)


* 資料:Wikipediaを参考にしました
新型コロナウイルス感染予防対策とご来場のお客様へのお願い
この上映会においては、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染予防対策を実施します。

1) 会場が札幌エルプラザホールの場合:定員(320席)の50%_160席に限定します

2) スタッフは、マスク、フェイスシールドを着用します

3) 各上映回ごとに、テーブルを消毒液で拭きます

4) ホール内、ロビーの換気に努めます

-----------------------------------------------------

* 当日ご来場のお客様へのお願い

1) 発熱、咳などの症状や健康に不安がある場合はご参加をご遠慮ください

2) 受付に用意するアルコール消毒液で、ご入場前に手指の消毒をお願いします

3) 会場内では、ご持参のマスクの着用をお願いします

4) 状況の変化により開催に変更が生じた場合は、このホームページで逐次お知らせしますので、ご確認の上お越しくださるようお願いします

“上映会に引き続き・・・”
『丹下左膳餘話 百萬兩の壺』上映会に引き続き、16時から、恒例となっている札幌映画サークル主催の“Best 10 Cinemas in Sapporo 2020”で決定された2020年公開作品のベスト10の発表イベントを開催します。

奮ってご参加くださるようお願いします!
(参加費別途・・・300円)

* 例年行っていたゲーム形式の発表イベントは、コロナウイルス対策の為、今回は開催しません。(参加者対象の抽選会を開催します)

次の記事を見る
札幌映画サークルのトップに戻る