札幌映画サークルの活動報告を公開しています

札幌映画サークルのトップ >> 活動報告 >> 活動報告の詳細
活動報告の詳細
2021/11/28 『この世界に残されて』上映会を開催します。 (ver. 1)
2021.10.09
*

























(C) Inforg M&M Film 2019


<< 新型コロナウイルスの感染予防対策を実施する上映会です。座席数の制限やお客様へのマスク着用や手指の消毒等のお願いをする上映会になりますが、状況をご理解の上、ご来場していただくことをお願いします。 >>


-------------------------------------------------



2021年11月28日(日)、札幌映画サークルは、第2次世界大戦後、ソ連の影響下にあったハンガリーを舞台に、ホロコーストから生還した少女と医師の心の交流を映し出すヒューマンドラマ・・・『この世界に残されて/Akik Maradtak(Those Who Remained)』(2019/バルナバーシュ・トート監督)の上映会を開催します。



今回の会場(札幌市教育文化会館4F講堂)の定員は156席ですが、定員の“50%”_78席に限定して、上映会を開催します。


満席の場合は、当日券の販売はいたしません。
確実に鑑賞出来ますように、事前のメールや電話でのご予約をお勧めします。
(料金は、上映会当日のお支払い)



<新型コロナウイルス感染予防対策を取らせていただきます>

* ホール内は換気に注意し、受付に消毒液を用意しますので、手指の消毒をお願いします
* マスクをご持参の上、映画の鑑賞中は着用してください
* 一定の間隔を空けて着席していただきます
* マスク着用の要請に応じていただけない場合は、入場をお断りします
* 入場時に体温測定をさせていただきますが、発熱や咳等の症状や健康状態に不安のある方はご遠慮くださるようお願いします


上 映 日 程 & 鑑 賞 料 金
(C) Inforg M&M Film 2019


【上映日】
  2021年11月28日(日)

【会場】
  札幌市教育文化会館4F講堂

    <札幌市中央区北1条西13丁目>



【上映時間】 開場10:00(各回30分前) 自由席 <但し、各席に間隔を設けます・・・2回上映>

  1) 10:30〜12:00
  2) 13:00〜14:30



【鑑賞料金】
  前売 1,000円(一律)
    <札幌映画サークルでの予約>

    [プレイガイド:道新、札幌市民プラザ、教文]

  当日 1,300円(満席の場合、当日券の発売はありません)

* 札幌映画サークル会員 無料



【主催】
  札幌映画サークル

【後援】
  札幌市

【お問い合わせ/電話予約】
  090-7055-0074 (岩本)
  sapporocinema@yahoo.co.jp (Eメール)


* メール・電話予約をご利用ください
(お名前・鑑賞時間・枚数をお知らせください!)

* ホール内は換気に注意し、受付に消毒液・サーモメーターを用意します。鑑賞に当たっては、マスクをご持参のうえ、着用してくださるようお願いします。

『 こ の 世 界 に 残 さ れ て 』
*

























(C) Inforg M&M Film 2019



『この世界に残されて/Akik Maradtak(Those Who Remained)』


2019年/ハンガリー映画/カラー/シネマスコープ/88分/配給・シンカ/Blu-ray上映


【劇場公開日:2020/12/18(東京)・・・札幌:2021/01/09(@KINO)】




監督・脚本・・・バルナバーシュ・トート/製作・・・モニカ・メーチ&エルヌー・メシュテルハーズィ/脚本・・・クララ・ムヒ/原作・・・ジュジャ・F・ヴァールコニ/撮影・・・マロシ・ガーボル/編集・・・アグネス・モーゴル/音楽・・・ラースロー・ピリシ/衣装・・・リタ・レンジェル


出演・・・カーロイ・ハイデュク(アラダール・ケルネル<アルド>)、アビゲール・スーケ(クララ)、マリ・ナジ(オルギ)、カタリン・シムコー(エルジ)、バルバナーシュ・ホルカイ(ペペ)、他



<第二次世界大戦中、ナチス・ドイツに殺害された
    ハンガリーのユダヤ人は約56万人と言われている__>


“一緒にいたいと想うのは、いけないことですか。”



ナチスドイツにより約56万人ものユダヤ人が虐殺されたと言われるハンガリーを舞台に、ホロコーストで心に深い傷を負った孤独な男女が年齢差を超えて痛みを分かち合い、互いに寄り添いながら希望を見いだしていく姿を描いたハンガリー映画。

1948年。
ホロコーストを生き延びたものの家族を失った16歳の少女クララは、42歳の寡黙な医師アルドと出会う。

クララはアルドの心に自分と同じ欠落を感じ取り、父を慕うように彼に懐く。

同じくホロコーストの犠牲者だったアルドも、クララを保護することで人生を取り戻そうとする。しかしソ連がハンガリーで権力を掌握すると、世間は彼らに対してスキャンダラスな誤解を抱くように。

そして2人の関係も、時の流れと共に変化していく。

新型コロナウイルス感染予防対策とご来場のお客様へのお願い
この上映会においては、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染予防対策を実施します。

1) 会場が札幌市教育文化会館4F講堂の場合:定員(156席)の50%_78席に限定します

2) スタッフは、マスク、フェイスシールドを着用します

3) 各上映回ごとに、テーブルを消毒液で拭きます

4) ホール内、ロビーの換気に努めます

-----------------------------------------------------

* 当日ご来場のお客様へのお願い

1) 発熱、咳などの症状や健康に不安がある場合はご参加をご遠慮ください

2) 受付に用意するアルコール消毒液で、ご入場前に手指の消毒をお願いします

3) 会場内では、ご持参のマスクの着用をお願いします(マスク着用に応じていただけない場合は、入場をお断りします)

4) 状況の変化により開催に変更が生じた場合は、このホームページで逐次お知らせしますので、ご確認の上お越しくださるようお願いします

(C) Inforg M&M Film 2019
(C) Inforg M&M Film 2019
前の記事を見る次の記事を見る
札幌映画サークルのトップに戻る