札幌映画サークルの活動報告を公開しています

札幌映画サークルのトップ >> 活動報告 >> 活動報告の詳細
活動報告の詳細
7月17日(日)『東京自転車節』『ひいくんのあるく町』,監督リモートでトーク!
2022.07.17
 若手クリエイター応援企画 第1回
     青柳拓監督作品上映会 
       主催 『東京自転車節』札幌上映実行委員会
       共催 札幌映画サークル

『東京自転車節』(2021年/93分/ドキュメンタリー)           『ひいくんのあるく町』(2017年/47分/ドキュメンタリー)

上映日7月17日(日)
会場 札幌市教育文化会館4階講堂
上映  @『東京自転車節』 10:30〜12:05 上映後監督リモート・トークあり
A『ひいくんのあるく町』  13:30〜14:20 上映後、二通諭さんによるトークあり
B『東京自転車節』     15:30〜17:05  上映後監督リモート・トークあり
C『 ひいくんのあるく町』 18:30〜19:20  上映後トークなし
※『ひいくんのあるく町』には字幕と服音声がつきます

料金 『東京自転車節』 前売・予約 1000 円当日 1300 円
『ひいくんのあるく町』 前売・予約  500 円 当日  700 円
※映サ会員は両作品無料‼ ※事前にメールか電話予約をお願いします。
電話予約 / 090−7055−0074 (岩本) メールの場合 / sapporocinema@yahoo.co.jp


『東京自転車節』
『ひいくんのあるく町』でデビューした青柳拓監督が2020年のコロナ禍における東京の今と “新しい日常” を切り取ったドキュメンタリー。
新型コロナウィルスの感染拡大防止のため緊急事態宣言が発出された東京。自転車配達員として働くことになった青柳は、スマートフォンと装着型カメラで自身の活動を記録していく。コロナ禍がまだ続く2021年7月に劇場公開され、小型カメラを駆使した迫力ある映像と生々しいドキュメント要素、エンターテイメント溢れる演出が話題を呼んだ。上映後監督リモート・トーク予定
詳細はこちら http://www.tokyo-jitensya-bushi.com/
『ひいくんのあるく町』
山梨県の甲府盆地の南にある市川大門。監督の青柳拓が生まれ育ったその地区では、 ヘルメット姿の少年のような風変わりなおじさんがひょこたんと歩く。彼は町の人々の手伝いをして、“ひいくん” と愛称され温かく受け入れられている。しかし、いつしか町はシャッターが目立つようになった。お気に入りの電気屋「水口屋テレ ビ」の店主・青柳正輝さんは病気で倒れ、店を閉めた。写真好きの正輝さんが撮影 した膨大な数の写真には、この町の活気ある姿が確かな形で写っていた。華やかだった町の風景、盛り上がる祭り…。今、町はゆるやかに静まってゆくが、我らが人気者のひいくんはこの町を今日も朗らかに歩き続ける。1回目上映後二通 諭さん(札幌映サ会員・札幌大谷大学特任教授・札幌学院大学名誉教授)のトークあり。
詳細はこちら http://hikun.mizukuchiya.net/
前の記事を見る次の記事を見る
札幌映画サークルのトップに戻る