札幌映画サークルの活動報告を公開しています

札幌映画サークルのトップ >> 活動報告 >> 活動報告の詳細
活動報告の詳細
8月27日(土) 『僕の帰る場所』『海辺の彼女たち』を上映します。
2022.08.27
8月27日(土)には藤元明緒監督のドキュメンタリー風劇映画2作品を上映します。会場は教育文化会館4階講堂 (北1西13)でいつものように感染対策しながらの上映となりますのでご協力をお願いします。

日程は
『僕の帰る場所』 @ 10:30〜12:10 / 藤元監督トーク 12:15〜12:45
『海辺の彼女たち』A 13:30〜15:00 / 監督トーク 15:00〜15:30
『僕の帰る場所』 B 16:00〜17:40 / 監督トーク 17:45〜18:15
『海辺の彼女たち』C 18:30〜20:00

藤元明緒 監督プロフィール:1988年生、大阪府出身。ビジュアルアーツ専門学校大阪で映像制作を学ぶ。長編初監督作『僕の帰る場所』が第30回東京国際映画祭「アジアの未来」部門2冠など受賞を重ね、33の国際映画祭で上映される。長編2本目となる『海辺の彼女たち』が、国際的な登竜門として知られる第68回サンセバスチャン国際映画祭の新人監督部門に選出。同作にて、TAMA映画賞最優秀新進監督賞、新藤兼人賞金賞を受賞。現在、アジアを中心に劇映画やドキュメンタリーなどの制作活動を行っている。

〈1作品料金〉  会員・学生 1,000円 | 前売 1,500円 | 当日 1,800円

〈予約をお願いします〉 電 話 090-7055-0074 (岩本)
                    メール sapporocinema@yahoo.co.jp  

『僕の帰る場所』
 2017年/98分/日本・ミャンマー合作
 東京で暮らす在日ミャンマー人の一家。父は入国管理局に捕まり、日本育ちの子供たちはその寂しさから喧嘩ばかり。母は生活に不安を抱き、ミャンマーに帰りたい想いを募らせていくが・・・。
詳しくは http://passage-of-life.com/
『海辺の彼女たち』
 2020年/88分/日本・ベトナム合作
 技能実習生として日本へやってきたものの、不当な扱いを受けた職場を逃げ出した3人のベトナム人女性たち。違法な存在となった彼女たちはブローカーを頼りに新たな職を求め、雪の降る北の港町にたどり着くが・・・。
詳しくは http://www.umikano.com/
次の記事を見る
札幌映画サークルのトップに戻る