札幌映画サークルの活動報告を公開しています

札幌映画サークルのトップ >> 活動報告 >> 活動報告の詳細
活動報告の詳細
2020/03/22 “八千草薫 追悼 『ゆずり葉の頃』上映会”を開催します。 (ver. 2)
2020.02.05
*

























(C) 岡本みね子事務所



<< 各プレイガイド(道新/教文/さっぽろ創世スクエアチケットセンター)で発売中! >>



2020年03月22日(日)、札幌映画サークルは2019年10月24日に亡くなられた女優・八千草薫さんの追悼企画として、最後の主演作品となった『ゆずり葉の頃』(2015)の上映会を開催します。


上 映 日 程 & 鑑 賞 料 金
【上映日】
  2020年03月22日(日)

【会場】
  札幌市教育文化会館4F講堂

    <札幌市中央区西13丁目>

【上映時間】 開場10:00(2回目以降…各回15分前) 自由席
  
  1) 10:30〜
  2) 12:30〜
  3) 14:30〜
  4) 16:30〜

【鑑賞料金】
  一般料金
     前売り 1,000円 (当日 1,300円)
  シニア(60歳以上)・障がい者・学生・こども
     前売り 1,000円 (当日共)


市内各プレイガイド(道新/教文/さっぽろ創世スクエアチケットセンター)で発売中!


【主催】
  札幌映画サークル

【後援】
  札幌市

【お問い合わせ/電話予約】
  011-747-7314  (札幌映画サークル…留守電対応)
  090-7055-0074 (岩本)
  sapporocinema@yahoo.co.jp (Eメール)


* 当日のお支払いで便利なメール・電話予約をご利用ください
(お名前・チケットの券種・枚数をお知らせください!)


『 ゆ ず り 葉 の 頃 』
*

























(C) 岡本みね子事務所



『ゆずり葉の頃』


2015年/日本映画/カラー/ビスタサイズ/102分/Blu-ray

監督・脚本・製作・企画・・・中みね子/音楽・・・山下洋輔/劇中画・・・宮廻正明/製作・・・小野伸一/企画・・・村上典吏子/プロデューサー・・・持田郁夫/撮影・・・瀬川龍/編集・・・川島章正/題字・・・浅井竜介

出演・・・八千草薫、仲代達矢、風間トオル、岸部一徳、竹下景子、六平直政、本田博太郎、嶋田久作、他


“絵筆が 心のキャンバスに 旋律を刻み込む___”

暮れなずむ初秋の軽井沢
   光り輝く
      水面に映し込んだのは
         遠い日の
            淡い恋心の追憶・・・

女 優 ・ 八 千 草 薫 さ ん
*

























八千草 薫(やちぐさ かおる) 女優


1931年1月6日生まれ 2019年10月24日死去(88歳没)

大阪府出身 宝塚音楽学校卒

1947年 宝塚歌劇団の娘役でデビュー
1951年 東宝映画『宝塚夫人』でスクリーン・デビュー
1954年 三船敏郎主演の映画『宮本武蔵』でお通役を演じ、米アカデミー賞で名誉賞(外国語映画賞)受賞
1955年 プッチーニの『蝶々夫人』(カルミネ・ガローネ監督/日伊合作映画)主演
その後 『夏目漱石の三四郎』(1955)、『乱菊物語』(1956)等に出演
1957年 宝塚退団後も、数多くの映画に参加しスクリーンに華を添えた
1960年代からはTVドラマにも出演し、「岸部のアルバム」(1977)でテレビ大賞主演女優賞を受賞
向田邦子原作のドラマ「阿修羅のごとく」(1979〜1980)では主人公の4姉妹の次女を演じた
同作が2003年に映画化された際は、4姉妹の母親役で出演し、第27回日本アカデミー賞優秀助演女優賞を受賞

近年の主な映画出演作品 『しゃべれども しゃべれども』(2007)、『ディア・ドクター』(2009)、『舟を編む』(2013)、『くじけないで』(2013)、今回上映作『ゆずり葉の頃』(2015)等

1997年 紫綬褒章 受章
2003年 旭日小綬章 受章

2019年10月 膵臓がんのため88歳で死去

次の記事を見る
札幌映画サークルのトップに戻る